パティシエ‐ナース選手権  お題目「真夏の果実」

 

皆さま大変ながらくお待たせをいたしました。

パティシエ‐ナース選手権 in FUKUOKA(仮称)

いよいよ、栄えある第1回目の予選会です。

北九州の代表として 在宅看護センター北九州も

参加、切れ目のない戦いで地区大会でも活躍しました。

チーム名は「RITZ-SATO」です。

さてさて、今回のお題目の発表は何でしょう。

 

「真夏の果実」/サザンオールスターズ

 

 真夏の果実。なに?お題目を聞いてびっくり。

難しいなぁ。 ちょっと歌詞のチェックからいきましょう。

 

作詞:桑田佳祐 作曲:桑田佳祐

 

涙があふれる 悲しい季節は

誰かに抱かれた夢を見る

泣きたい気持ちは言葉に出来ない

今夜も冷たい雨が降る

こらえきれなくて ため息ばかり

今もこの胸に 夏は巡る

 

四六時中も好きと言って

夢の中へ連れって行って

忘れられない HEART&SOUL

声にならない

砂に書いた名前消して

波はどこへ帰るのか

通り過ぎ行く LOVE&ROLL

愛をそのままに

 

ではでは

キャプテンを中心に円陣を組んで、作戦会議です。

弊社のPT・OTの皆さま、ナースの皆さま、事務の皆さま

しっかりと分析いたしました。

 

夏の切ない恋の物語⇒やっぱりさっぱりしなきゃ

⇒くよくよはダメだよ

でも、最後は・・・いつかは甘い恋。

 

 

今回の「RITZ-SATO」の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若松特産の「トマト」。はじける酸味に拡がる夏の甘さ。

かむと感じる思い出の「ひびきの」。薄く紅潮するピンクの頬を

思い出しながら、「白桃」を選択してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透きとおるジェルで戯れる「トマト」や「白桃」

あの夏の日を、あの二人の思い出をそっと包み込もう。

 

うつむきがちな気持ち、手許の奥を見つめる視線の先には

あとを引く、残る甘さの意味が少しだけ。

きっと、最後は。私の好きな甘い恋を・・・。

自分らしい、真っ白な甘さを求めます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採点結果

100点/100点/100点/90点 合計390点

予選会 第一位 おめでとう 

※90点?次回の補強ポイントですね。

 

                 RIGI