スタッフ紹介

訪問看護師
Kubota

私たちにとって「老い」や「病気」は特別なことではなく、誰もが経験することです。
10年余りの訪問看護の経験を生かし、「お互いさま」で、最後まで住み慣れた地域で過ごす地域づくりにも携わっていきたいと思います。

訪問看護師
Yamashita

7年間、住み慣れた地域で在宅看護をさせていただきました。そのなかで学んだことはチーム医療の在り方です。誰しもが人との繋がりがなければ生きていくことができません。訪問看護師としての役割はもちろん、そこに多職種との連携を図ることでより住みやすい毎日が実現できると考えます。少しでもそのサポートができるよう頑張りたいと思います。

訪問リハビリ(理学療法士)
Miyazaki

訪問看護ステーションに約22年間勤め、在宅において利用者さまが求めているものが何なのか、また、そのニーズにどのように対応していくのかを学ばせてもらいました。
この経験を土台として、利用者さま一人ひとりがご自宅で自分らしい生活を歩むためのお手伝いをしていきたいと思います。
私自身、障がいのある長女を育てながらこの仕事を続けて参りました。ご家族の気持ちにも寄り添って、ご支援していきます。

訪問看護師
Nishimura

訪問看護に20年余り携わってきました。数々の経験のなかに、私なりの小さな軌跡を感じています。より質の高い看護を行うため、様々な専門家の方々との連携を大切にしてきました。とくに、ハードルの高い事案では、一歩ずつという気持ちを忘れないように心掛けています。

訪問リハビリ(作業療法士)
Miyawaki

『生活』は『作業の連続』です。作業療法士は、対象の方の暮らしに寄り添い、生活の中で本当の「やりたいこと」を一緒に探し、その方らしく生きていくことを支援するリハビリを行います。リハビリは運動だけではなく、生活動作、家事動作、遊ぶ事、趣味活動、仕事もリハビリです。何かをやりたい!と『心が動けば体も動く』そんなお手伝いができればと思います。

 

 

訪問リハビリ(理学療法士)
Soejima

理学療法士としてキャリアは20年程度ありますが、訪問分野の経験はまだ2年ぐらいです。先輩方に優しく(?)指導していただきながら日々勉強しています。リハビリテーションの本質は全ての方が楽しい人生を送ることのサポートです。そのテーマは小児/成人/介護予防/認知症/終末期など人生の全てのステージに及びます。リハビリを必要とされるすべての方々にオーダーメイドなサービスをご提供していきたいと思います。

 

 

訪問看護師
Ooshita

私達にはそれぞれの生活、日々の積み重ねがあり、生き方や幸せのカタチは様々です。そんな大切な時間、空間の一部に関わらさせていただく事の出来る訪問看護の仕事が大好きです。たくましい体と溢れる笑顔でサポートさせていただきます。

 

 

訪問看護師
Fujie

急性期病棟で3年間ほど働いた後、子育てのため現場を離れていました。子どもの幼稚園の入園を機に訪問看護で働きだし、1年半ほど経ちました。病院では経験したことのない分野に携わることもあり、先輩方に相談しながら利用者様に合わせたケアを提供できるように取り組んでします。仕事もですが育児も全力で楽しめるようなシフト調整もしていただいているため、仕事のやりがいを日々感じています。

訪問看護師&パティシエ
Sato

パティシエとして15年間仕事に携わった後に看護師免許を取得しました。看護師として総合病院と専門病院に勤務していましたが訪問看護は初めてです。今までの様々な経験を土台として、これからは利用者様ひとりひとりと大切な時間を過ごしていきたいと思います。

 

訪問看護師
Iseki

これまで特定の分野や領域にとらわれず、幅広い知識と技術を習得したいと考え、急性期から終末期、認知症ケア、看取りを経験してきました。その中で、もっとじっくりとご利用者様と向き合っていきたいと思い、住み慣れた環境での療養や在宅医療に興味を持つようになりました。これまでの経験を活かしながら、ご利用者様やご家族に信頼される心のこもったケアを実践していきたいと思っています。

Staffの皆様

/Sinno:異業種で社会人経験をしながら作業療法士になりました。回復期リハビリ病院に9年間在籍し、介護分野の経験も積みつつ訪問リハビリに携わらせて頂いています。ご利用者様・ご家族様の十人十色の想いに寄り添いながら心と身体のケアに努めたいと思います。
/Miyazaki:長く病院や施設で働き、在宅での医療や介護について知りたいと思い在宅看護センターに飛び込んでみました。まだまだわからないことばかりですが地域の看護師さんを目指して頑張ります。
/Yamauchi:自分の家で自分らしく生活するのに不安を抱えている方へ私もお手伝いができればと思い、訪問看護の世界に飛び込みました。私も自分らしく生活できるからと思ったからです。熱い思いもスタッフや私の家族、そしてご利用者の皆様に支えられて日々学んでいます。

 

事務
Takata

医療事務として医院に勤め、子育てが一段落して復帰しました。訪問看護は初めてです。いろいろな方との関わりを通じて学ばせて頂いています。その中で、訪問看護の補助者として利用者様のお宅に訪問させて頂くこともあり、少しでも皆様のお役に立てたらと思っています。